カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

スポンサーサイト

DATE: CATEGORY:MOVIE
先週だけど、やたらと話題になってる映画「アバター」を見てきました。
もちろんIMAXの3D対応映画館で見てきました。

映画「アバター」オフィシャルサイト
avatar.jpg

なるべくネタバレないように。。。

続きを読む »


DATE: CATEGORY:MOVIE
今日、ラゾーナ川崎に行ったら、「水谷 豊」が来てました。

なんか、CDを出したらしくて、ラゾーナの広場で熱唱してました。
んでもって、こんなに人がいたんやっ!ってくらい、1階~4階まで
ラゾーナ超満員になってました。

そんな水谷さんに触発されて、ふらっと映画「相棒」見てきました。

相棒 オフィシャルサイト

犯人が残した謎を頭脳明晰の杉下右京(水谷豊)が追う、
元々ドラマの作品を映画化したものです。

物語の背景から、犯人と右京の謎解き合戦だったり、
犯人が分かってからも、さらに「実は。。」ってな感じで、
まだまだ続いて、ハラハラドキドキさせられました☆

面白かったです♪

しいていうなら、ラストがちょっと釈然としなかった感じが。。。(^^;

ネタばれしない程度に書くと、まぁまぁハッピーエンドって終わりなんですが、
犯人の想いだったり、杉下右京の頭脳明晰具合とはまったく別の要素で
ハッピーエンドになった感が。。。

ま、これは、好き嫌いの問題かw

ではでは。

DATE: CATEGORY:MOVIE
Death NoteシリーズのL change the WorLdを見てきた。



Death Noteは漫画でしか見てなくて、映画は見ずにいったんですが、
この映画は、映画版Death Noteを見てから行った方がよさそうです。

この前、テレビでやってたっぽいんですが、見そびれたんですよねぇ・・・
映画では、キラとLの対決は、結局Lが勝ったストーリーなのかな??

内容は、Lとキラとの対決が終わったあとのLの残りの余命で起こった
事件を解決するような映画です。
(ネタばれかもしれませんが。。。)
ウィルス兵器という死神を世界にばら撒こうとする組織とLとの戦いです。

結構、映像的にはグロい感じの映像が多々出てきました。
少年漫画を映画にしたとは思えないグロさw

でもって、
スケールが大きな事件が起こってるんですが、ちょっと残念なのは、
あんましLの頭の良さというか、心理戦的な部分があんましなかった事かなぁ。
Death NoteのキラとLの心理戦とその対策・対応を楽しんでた人なので。。

にしても、松山ケンイチのLはすごいなぁ!
まさに、Lを実写にしたらこんな感じってのを再現してるわ。

よし、今度、映画版Death Noteをしよう。

そういや、今週号のJUMPでDeath Noteの特別読みきりがありました。
これ、案外、おもしろかった☆

ではでは。

タグ : MOVIE BOOK

DATE: CATEGORY:MOVIE
週末にヘアスプレー見てきました。

ムーランルージュとかシカゴみたいな、
いわゆるミュージカル映画です。

もともと映画だったものがミュージカルになって大ブレーク。
で、そのミュージカルを再度、映画にしちゃった映画です。

人権問題とか少々重たい題材を抱えながらも、
ポップで痛快な楽しい映画に仕上がっていて、かなり
楽しく見れました☆
音楽も楽しい曲が多くて、ノリノリの映画です

夜11:40からのレイト・ショーで睡魔に襲われ
ないかと心配しながら見たけども、全然心配いらず。
展開は多少早めな感じは受けたけども、ミュージカル
と思えば、いい感じのテンポなのかも。

あと、この映画のヒロインの母親の役をしている人が
評判を集めてますね。確かによくよく見てみると、面影があります。
映画を見る前に多少ネタばれしたせいで、少しむずがゆく映画を
見てしまった気がするので、知らずに見た方がいいかも。。。

とか思いましたw

でも、母親より、ヒロイン(トレーシー)役の
ニッキー・ブロンスキーがめちゃめちゃいい味出してます

DATE: CATEGORY:MOVIE
先日、「フラガール」を見ました。

フラガールオフィシャルページ

これ、めちゃめちゃ面白い!そして感動する!

昔は炭鉱で栄えた田舎町が、石油の到来で廃れていく・・・
そんな中、その田舎町を救うため「楽園ハワイ」を作ろうという動きが。
そのため、「楽園ハワイ」でフラダンスを踊るためのフラガールを
集めるってなところが物語りの始まりです。

でも、炭鉱で生きてきた男達・女達はどうしても納得出来ない。
どうしても変化に対応出来ない、といった感じでしょうか。

どちらも町の事を想うがゆえなんですが、溝が出来てしまう・・・

そんな町で色んなドラマが生まれるわけです。
この映画、昭和40年代の福島県の常磐ハワイアンセンター
(現:スパリゾートハワイアンズ)のオープンまでの実話を背景に
作られた映画だそうです。



そして、キャスティング。

松雪やすこも豊川悦司もいいんですが、誰より「蒼井優」がやばい!!
よくよく見るとそんなに整った顔じゃないんですが、めちゃめちゃ
いい所で愛嬌のある顔します。

ドラマDr.コトーでも出てましたが、この映画の方がすごい
色んな表情の蒼井優が見れます。いや~癒された☆

あと、“南海キャンディーズ”のしずちゃんも出てるんですが、
これが結構、思ったよりいい演技してますw

ちなみに、蒼井優って1万人くらいから選ばれるという
ミュージカル「アニー」がデビュー作なんやって。

ではでは。

copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...