カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:TECH


GoogleAnalytics(以下、GA)にアクセスログのデータを集計していますが、
GoogleTagManager(以下、GTM)に切り替えるといろいろ便利らしい、という
ことで、切り替えたので、移行手順をまとめておく。

そもそもめんどくさくてGAを使いこなしてなかったので、移行は非常に簡単。
備忘録として。


GoogleTagManager(GTM)とは



GAだけで管理していると、ページごとのイベントとかを取ろうとすると、
各ページのタグをいろいろ修正して、あれ?この集計どこでやってたっけ?
とかになりがち。
が、GTMを使うと、すべてのページに貼り付けるタグは1種類。
この1種類だけで、イベントとかの管理はすべてGTMで。ってことになって、
とっても便利!って代物。

タグにより集計できるデータは、GTM経由でGAに送られる形になるので、
GA以外に送るとかもできるようになる。

GTMのアカウントとコンテナを作成する



https://tagmanager.google.com/ にアクセス。

で、最初にアカウントとコンテナを作成します。

アカウント名と国を指定して、続行。
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_22_12_05 By:onetohihi
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_22_12_05 By onetohihi

あとはコンテナ名(サイトのURLで良いかと)と用途を指定して作成!
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_22_12_45 By:onetohihi
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_22_12_45 By onetohihi

これで終了。

タグの作成


アカウントとコンテナができたら、
次にサイトに貼り付けるためのタグを作成。

というわけで、「新しいタグ」を作ります。
Photo:Google_タグマネージャ By:onetohihi
Photo:Google_タグマネージャ By onetohihi


今回は、まずはGAの集計をGTM経由に切り替える、
ということで、タグは、ユニバーサルアナリティクスを選択。
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_22_13_24 By:onetohihi
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_22_13_24 By onetohihi


タグの名前を決めて、トラッキングタイプはベージビュー。
で、「オーバーライド設定をする」にチェックを入れると、トラッキングIDの
入力フォームが出てくるので、GAのトラッキングIDを追加。
GAのトラッキングIDってどこで調べるの?
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_22_14_35 By:onetohihi
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_22_14_35 By onetohihi


次にトリガーの設定。ここは単純にAllPageを指定。
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_22_14_55 By:onetohihi
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_22_14_55 By onetohihi


以上で完了。

GAのトラッキングIDってどこで調べるの?


左メニューの最下部に「管理」を選択して、
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_23_13_51 By:onetohihi
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_23_13_51 By onetohihi


表示される画面のトラッキングコードの項目を選択。
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_23_14_19 By:onetohihi
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_23_14_19 By onetohihi


すると、表示されます。
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_23_14_45 By:onetohihi
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_23_14_45 By onetohihi


GTMのタグを貼り付ける


タグ作成が終わったら、直後と直後の2箇所分の
実際のコードが表示されるので、自分のサイトの所定の位置に貼り付けます。
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_23_45_33 By:onetohihi
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_23_45_33 By onetohihi

貼り付けるタグは、後からでも以下の箇所で表示できます。
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_23_53_25 By:onetohihi
Photo:スクリーンショット_2018-10-06_23_53_25 By onetohihi

ここまででタグ貼り付けが完了しますが、まだ動作はしてません。
次の作業でタグを有効化していきます。

プレビューする


ブログへのタグの貼り付けが終わったら、プレビューで確認ができます。

ページの右上にあるプレビューボタンを押します。
(終了する場合は、プレビュー開始後に表示されるオレンジ枠下の
 「プレビューモードを終了」で終了できます)
Photo:Google_タグマネージャ By:onetohihi
Photo:Google_タグマネージャ By onetohihi


プレビューを開始した状態で同じブラウザでサイトを開くと、
こんな感じでタグの動作確認ができます。
Photo:Macで使える3種類のスクリーンキャプチャ機能:なんとなしの日記 By:onetohihi
Photo:Macで使える3種類のスクリーンキャプチャ機能:なんとなしの日記 By onetohihi


公開する


ここからが公開作業。さきほどプレビューを押したところと
同じところにある「公開」ボタンを押す。
Photo:Google_タグマネージャ By:onetohihi
Photo:Google_タグマネージャ By onetohihi

するとバージョン管理の画面が表示されます。
というか、タグ情報をバージョン管理できるんですね。ステキ。
とりあえず、バージョン名と説明を追加して「公開」
Photo:Google_タグマネージャ By:onetohihi
Photo:Google_タグマネージャ By onetohihi


これで完了!
なんですが、最後にこれを忘れちゃいけない。

GAのタグを削除



ここまで来ると、GTMのタグが付与済みの状況ですが、
これをやっておかないと、GoogleAnalyticsのデータが2重に
管理されたりするようなので、キッチリお掃除。

とりあえず、今回はここまで。
実際には、イベントの収集とかの移行もありますが、
これらがGTMの管理で可能になる、という素晴らしい状態
になりました、という事です。

タグ : GoogleAnalytics GA GoogleTagManager GTM google

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...