カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:NEWS


最近、「あるある事件」以降、テレビ番組の問題点がいろんな所で
浮き彫りになってきております。

で、ついにこんなのきました!

江原啓之「霊感商法」 [ 03月06日 15時00分 ]

(霊感商法なのかどうかは知らんけども)
そうなんです!前々から思ってたんやけど、「あるある」とかの嘘は
ダメなのに、こういう背後霊やら守護霊だのの話はオッケーってのが
どうにも納得いかなかったんです。

友達に話した時は「占い」はええんとちゃう?と言われた事があった
けど、正直、「占い」のレベルを越えてしまってると思う。
動物が競争する血液型占いと同レベルって感じじゃないやろ、と。

真実味を帯びた嘘ならダメ、あきらかに分かる嘘ならオッケーなのか?
それなら、正直、最近の霊感番組は真実味を帯びていると思う。

統一協会でも、この有名な番組(オーラの○の方)を信者に見せて、
「先祖が地獄で苦しんでいる。財産をすべて神にささげなさい」
ってな活動を推進中とかw

霊感商法(Wikipedia)

霊感商法は、もともと「開運商法」と呼ばれていたらしいが、統一教会が壷やら高麗人参やらを、「救い」だの「清め」のために売り始め、しまいには、2・3日で2億~3億稼ぎ初めて、大問題になったのをきっかけに霊感商法と呼ばれるようになったらしい。


正直、初めてこの番組を見てた時は、こんなの信じる人おらへんやろう
と笑いながらみてたけど、本はバカ売れらしいし、ビックリした覚えがある。
# で、身近に真に受けて番組見てる人もいたし・・・(^^;
# 正直、身近に真に受けてる人がいなかったら、このニュースも
# 笑って読み飛ばしてた気がするw

考えてみると、子供が見たら真に受ける度めちゃくちゃ高いんじゃないか、
とか思う。18R指定の番組とかにした方がいいのかもw

江原さん本人が、嘘言ってるとか、ほんとだとかとはまた別問題で、
万人にとって真実・事実でないものなら、テレビという公共に情報を
発信する媒体で放送すべきではない。放送するのであれば、

「この番組はフィクションです」

ってな、ドラマで流れるような放送の仕方をするべきでは。
ってか、ドラマですらこんなフレーズちゃんと流してるのにねぇ。

宗教の自由もあるから、考え方自体は否定しちゃいかんやろうけど、
全国放送で、「あなた死ぬわよ!」なんて言わしちゃいかんよ、ほんとw

しっかし、背後霊だの、占いだの話で本もバッチリ売れて大もうけ
なわけやから、霊感商法ってのもあながちだよなぁ・・・うらやましぃw

番組作ってる人達としては「少々騙しても楽しめるならいいじゃん!」
ってのが本音かな?

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...