カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:BOOK


司馬遼太郎の「燃えよ剣」を今更ですが読み始め、
さらに今更ですが、GWにて読み終わりました。

新撰組副長 土方歳三の35年の生涯を描いています。

物語は土方歳三の青年時代である多摩時代から、
京都に出てくるところまでを歳三の人柄を描きながら、始まります。
そして、京都にて、新撰組結成後、副長として局長近藤勇を影から支え、
動乱の幕末を駆け抜け、さらに新撰組崩壊後も、旧幕府軍として函館戦争にて
戦死するまで、常に自らの信念に生きた男として描かれています。

土方歳三の生涯とともに、時代背景を通じて、どのように幕府軍が
瓦解していったのかも非常に分かりやすく描かれていて、その中で、
勝利できて当然と信じた戦争に敗退していく幕府軍の中の個々の想いや
動揺も描かれています。
そして、その中でもやはり強く自らの信念だけに生きる土方歳三がいて、
めちゃくちゃかっこいいです。

最後の新政府軍との戦いの中で、戦死するシーンも圧巻です。

まさに「心が熱くなる本」です。

幕末という時代を読み解く上でもなかなか面白い本だったかと思います。

ただし、新政府軍、いわゆる薩長軍側の詳細はそこまで描かれていません。
これは、「竜馬がゆく」で読めってことかな?

私自身、日本史を勉強した事がなく・・・というより、正確には、
勉強した覚えがなくw、幕末・新撰組は名前だけ聞いたことがあるという、
ほぼ無知状態だったため、かなり新鮮に読むことが出来ました。

それでも、聞いたことがある(だけの)人名や言葉も多いので、
言葉が頭に入って気安く、読みやすかったです。

小説とはいえ、こういった背景や人物像を知った上で、幕末の
所縁の土地等に行けば、まったく見え方も違うだろうなぁと思います。

燃えよ剣 (上巻)
燃えよ剣 (上巻)
posted with amazlet on 07.05.07
司馬 遼太郎
新潮社 (1972/05)
売り上げランキング: 5137
おすすめ度の平均: 5.0
5 青春とともに死んだ人
4 幕末ハードボイルド
5 武士道


燃えよ剣 (下巻)
燃えよ剣 (下巻)
posted with amazlet on 07.05.07
司馬 遼太郎
新潮社 (1972/06)
売り上げランキング: 6772
おすすめ度の平均: 5.0
4 美学
5 新撰組がよくわかる
5 男の美学

タグ : 小説 新撰組 BOOK

Comment

ひゃっほう!

おれも「燃えよ剣」は大好きだ!
ほんとあの時代の人たちって熱いよねぇ。
「信念」がある。
だから薩長側にせよ幕府側にせよ、
尊敬できるんだよなぁ~。ほんと憧れます。。。

萌えよ剣

なら見たことありますよ!
確か、近藤勇子、土方歳恵、沖田薫の3人が登場します!

ほんとに!

>seigou
ほんとに熱い!
当時の人がみんなそうだったのかはわからないけれども、
(自分も含め)現在の人達となんでこうも「想い」に差が
あるのかが疑問に感じてしまうよ。
やっぱり、環境かなぁ?ハングリー精神に欠けるのか。。。

>hiromasa
でた、「萌えよ剣」!
いや~、先日の飲み屋での会話にしても、あいかわらず、
あほやけど、おもろい奴やw

hiromasaも一回、読んでみ!「燃えよ剣」!
たぶん、「萌えよ剣」と同じくらいおもしろいで!ww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...