カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:MUSIC


JULEPS「象の背中~旅立つ日」

今まで一緒に 歩いた人よ
残していくこと 許して欲しい

君と会えてしあわせだった
朝の空見上げ 微笑んで

僕はきっと日差しになって
見守っているよ 君のこと・・・

象の背中」って映画が今、公開されてるらしく、
その中の曲がいいっ!って話を聞いたので、まとめてみた。
# 私もまだ見てないんですが。

映画「象の背中」


映画は、死の宣告を受けた主人公、藤山幸弘(役所広司)が
残りの人生を懸命に生きていくというような話のようです。

昔あったドラマの「ボクの生きる道」っぽい感じでしょうか。
あれも、めちゃくちゃ感動しました(涙

主題歌をケミストリーが歌ってるんですが、もう1曲あって、
その歌が良いらしい。それが、これ。

JULEPS「象の背中~旅立つ日」


寂しいんだけど、やさしい歌です。
こりゃ、歌詞からしてもこの映画にピッタリやろうなぁ☆

ちなみに、秋元康原作「象の背中」シリーズがここで見れます。

歌詞の全容は続きにて。

ではでは。

旅立つ日/JULEPS

ある朝 目覚めたら 神が待ってた
命に終わりが来ると そっと知らされた

どうして 僕だけが 旅立つのか?
運命のさざ波に 声は届かない

一番近くの 大事な人よ
しあわせだったか? それが気がかり

もしも僕がいなくなったら
最初の夜だけ 泣いてくれ

君と僕が過ごした歳月(とき)を
思い出しながら 見送って・・・

いつかは 誰もみな 迎えが来ると
わかっていたはずなのに 他人事のようで・・・

夕陽がいつもより 美しくて
知らぬ間に溢れ出す 感謝の気持ち

今まで一緒に 歩いた人よ
残していくこと 許して欲しい

君と会えてしあわせだった
朝の空見上げ 微笑んで

僕はきっと日差しになって
見守っているよ 君のこと・・・

もしも僕がいなくなったら 
最初の夜だけ 泣いてくれ

君と僕が過ごした歳月を
思い出しながら 見送って・・・

タグ : MUSIC ケミストリー

Comment

ありがとうございます(^ー^)

なんだか催促しっちゃったようですみません(^ー^)"

色々と経験からリンクする部分もあって今にも目に涙が・・・

小田和正とはまた違った意味で『今』を考えさせられました。
さみしさの中にあたたかさがあって向こうに行ってしまうことも怖くないかもって。

終わっちゃう前に映画館に走らなきゃ!

本当ありがとさんでした☆

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...