カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:DIARY


久々に昨日、スノボに行ってきました。
スカイバレイに行ってきました。

数年ぶりのスノボで思い出すのにだいぶ時間がかかりました
なんなら、最初、軽く「木の葉」から始めてしまいました(笑)

そのため、現在、見事に筋肉痛中。イタイ、イタイ

そのスノボに行く車の中で、ちょっと興味深い話がありました。
何人かで集まって、2組にメンバーを分けるとき、どういう分け方を
したかって話です。

1つは、良くある「グーとパーで分かれる方法」。
この方法、おそらく全国区です。既に全国的基盤を持つ「じゃんけん」の
3種類のうちの2種類を使って分かれるという手法をとることで、
この地位を確立する事が出来たのではないでしょうか。

# 「グッパ」とか「グっとパ」とか「グッパで分かれましょ」とか
# きっかけのセリフはいろいろあるみたいですが。

で、今回議題になったのが、「裏と表で分かれる方法」。
裏と表ってのはコインでなくて、手のひらの裏と表です。
この通称「うらら」ってのが、非常にローカルである事実を
知り、びっくりしとりました。

どんなもんかってーと。

まず、きっかけのセリフは、

「う~ららお~も~てっ!」

で開始して、じゃんけんのパーと出します。
この出し方が2種類あって、手のひらを裏返して出すか、
表で出すかで分かれます。
# 手のひら側を上にするのが裏で、
# 手の甲側を上にするのが表です。

で、うまく分かれられなかった場合のセリフは、
# じゃんけんでいうと、「あいこ」の場合。

「ててらのて」

で、もいっかいだす。こんなんです。

さらにコツを言えば、出した後、表(手の甲)の人は
上に手を上げて、裏(手のひら)の人は下に手を下ろすと、
表と裏の数が数えやすくて良いです。

この方法、まず、関東近郊のメンバーには通じませんでした;;
で、その話の中では、「兵庫県神戸市」ローカルの方法ではないか、
という結論に達しました。
# なぜなら、同じ兵庫でも「姫路市」の人も知らない模様。

知らない方、一度、使ってみて。

ではでは。

Comment

私の地域(愛媛)もこの手の裏表できめるやつあるよ!
でもセリフがちょっと違うかな。

「うら~お~もて~文句なし、てってって!」

で、あいこの時は

「てってって!」

って言うよ。小さい頃は何も疑問を感じなかったけど
セリフをよく見ると面白いよね。文句なして。。。(笑)

ほほう

愛媛にも似たようなんがあるんや~。

そういえば、信州の方にも似たようなのがある
という話を聞きました。
ただ、こっちもセリフが違って、

「うらうらうらうらうらおもて!」
# ちょっと低音、うらめしそうな感じで。

って言うんやって。
これ、ちょっとおもろいなぁw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...