カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:TECH


違法コピー常習者はネット切断、プロバイダー業界が合意

帯域制限はすでに行われていたみたいですが。
P2Pの帯域制限を宣言しているプロバイダ一覧

ファイル共有ソフトで著作権侵害がひどい人たちのネットをプロバイダ
強制的に切断しちゃおうってなニュースです。

やっぱし、業界全体での取り組み出ないと実施できないわなぁ。

ただ、ただファイル共有ソフトを使いまくっている人と、「著作権侵害」をしている
コンテンツを共有している人の区別は難しいんではないかと思うんですが。。。

でも、こんな記載が。

国内でウィニーなどのファイル交換ソフトを使っているのは推計約175万人にのぼり、やり取りされるファイルの大半は違法コピーだ。著作権団体がネット上を6時間監視しただけでも、ゲームソフトなどの違法コピーは355万件(正規のソフトの価格で総額95億円相当)、音楽の違法ソフトの場合は61万件(同4億4000万円相当)が確認された。


ってことは、流れている暗号化されたデータをいわゆる「盗聴」して確認したってことか。

Winnyの暗号を解読してブロックできる「One Point Wall」リリース

ま、Winnyの暗号の解読は出来るんは聞いてましたが、
日本は公安ですら、(電話等の)盗聴がしにくいと言われてる中で、
「盗聴」をしちゃってよいかどうかってのは、別問題のような気も。。。

今回の対策は、著作権団体が、違法コピーのやり取りを繰り返している利用者について、ネット上の「住所」にあたるIPアドレスを専用ソフトで特定したうえでプロバイダーに通知。
(略)
この仕組みであれば、総務省も「プロバイダーが利用者の通信内容を直接調べることにあたらないため問題はない」としている。



ん?違法コピーのやりとりを繰り返している利用者を特定するのに
「盗聴」せんとわからないのでは??

とか思いつつも、
まぁ、でも、P2Pソフトの著作権侵害度合いは確かにひどすぎるので、
こんな流れになってくんでしょうねぇ。


タグ : IT プロバイダ P2P

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...