カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:TECH


覚書

ASUS P5BのM/BのPCにCentOS5をインストールしたところNICが認識せず。

構成:
M/B:ASUSTeK P5B
CPU:Intel Core 2 Duo E6850 3GHz
メモリ:Patriot Patriot DDR2-800(1GBx2) Dual Set
HDD:Hitachi/IBM HDS721616PLA380
グラフィック:ASUSTeK EN8600GT SILENT/HTDP/512M

インストールOS
CentOS5 kernel 2.6.18-8.el5

P5Bの付属CDにLinuxDriverってのが付いていたんですが、
中にあるinstall.shを実行したが、KERNEL_VERSIONがなくてエラー出たり、
クリアしたかと思ったら、kernelのリコンパイルで失敗してる感じ。。。

ここで頑張ると山が高そうなので、直接ドライバをインストールする
方法をとりました(^^;

<方法>
とりあえず、lspciで、PCIデバイスとしては認識しているのを確認。

# lspci -v | lv
。。。(省略)。。。
Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd.
RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller
。。。(省略)。。。


とりあえず、RTL8111/8168Bのドライバがあればよさげだ。

PCIレベルでは認識しているようなので、ドライバをここからダウンロード。

サイトのUnix (Linux)ってカテゴリの以下を選択。
Linux driver for kernel 2.6.x and 2.4.x (Support x86 and x64)
8.006.00 2008/4/22

ってか、2008/4/22ってめちゃ最近やんw
ここから、「r8168-8.006.00.tar.bz2」ってファイルをダウンロード。

# この作業、このドライバがほしいPCがネットにつながらないので、
# WindowsのPCでダウンロードして、usbメモリで渡しました(^^;

(参考:LinuxでUSBマウント)

# mkdir /mnt/usb
# mount -t vfat /dev/sda1 /mnt/usb



あとは、LinuxPCでインストールするだけ。
usbで転送後、ファイルを展開。

# mkdir /usr/local/src
# cp /mnt/usb/r8168-8.006.00.tar.bz2 /usr/local/src
# cd /usr/local/src
# bunzip2 r8168-8.006.00.tar.bz2
# tar xvf r8168-8.006.00.tar.bz2
# cd r8168-8.006.00


したら、READMEがあったので、書いてある通りに実行すれば認識しました☆
参考までに「続き」で実施した内容を追記しておきます。。

カニ君は、いろんなところで使われてるのになんでCentOS5で
認識しないのか疑問だったけども、どうやら、CentOS4.4ではさっくり認識する模様。

何かバグがあって抜かれたってとこかな?

ググッたときの参考URL
CentOS 5でF-I90HDのNICを認識できない問題 - 合同会社翻訳オフィス駒田

ではでは。


READMEの内容を多少の解説付きで記載しときます。
# 解説は語弊があるかも。間違ってたら指摘してくださいm(__)m

<インストール>

まずは、既にドライバが入っていないかをチェック。
# lsmod | grep r8168

もしも入ってたら、削除しておく。
# rmmod r8169

んでは、インストール
# pwd
/usr/local/src/r8168-8.006.00
# make clean modules
# make install

/etc/modprobe.conf内のモジュールの依存関係を更新。
# depmod -a

んでは、モジュールをロード。
# insmod ./src/r8168.ko(kernel2.6のときは、r8168.o)

もいっちょ、組み込み済みモジュールを確認
# lsmod | grep r8168
r8168 34708 0

おk。組み込まれてます。

んでは、ifconfigで認識していることを確認し、
インターフェースを起動すれば完了!
# ifconfig -a
# ifconfig eth0 up

いじょ。


タグ : TECH ASUS ドライバ CentOS 覚書

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...