カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:BOOK


偽善エコロジー、買っちゃいました。

今ある「エコロジー」に一石投じる、面白い本です。

今、「エコ」のために頑張ってる人がいたら、
”いい意味”でぜひ見てみるのがいいと思う。

見方によっては、今やってるエコへの個人レベルの取り組みの
モチベーション低下にも繋がりそうだけども、新しい視点です。

読んでて感じたのは、確かに、今までのエコって、

やってて本当に意味があるかは分からないけど、
「いい」って言われてるからやってる。

ってところがあったなぁ、と。

この本をどこまで間に受けるかは個人の自由だけど、
テレビは信じられるけど、この本は信じられないという論理は微妙。
と感じるくらい、論理的に色々と説明してあります。

んでもって、「エコ」という言葉の裏に見え隠れする、
「環境利権」という新たな視点で考えることが出来る
ようになる意味でも、読んで損はなし。

どうせ頑張るなら、「意味のあるエコ」に取り組みたい

代表的な例として個人が出来るエコ。

 エコバックを利用したレジ袋削減エコ → 嘘。
  レジ袋は使ってOK。エコバックを買ったり、買い換えたりする方が、
  環境を考えるとNG。

 マイ箸を使った割り箸を使わないエコ → 嘘。
  割り箸は元々、木材の廃材。資源は、使わない事が重要なのでなく、
  うまく共存・利用する事が大切。最適なエコはマイ箸ではなく、
  ”日本製の”割り箸を使うこと。

多少、話はそれますが、

「インターネットは危ない情報が氾濫してて危険!!」

みたいな表現の中で、インターネットというものが悪者にされる
事が最近、多い気がしますが、インターネットなんて、
所詮、情報を取得するための”手段”。
インターネットでもテレビでも本でも結局は自らが正しい
情報を取捨選択できる力を身につけるが必要ってことなんです。

ではでは。


偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1))
武田 邦彦
幻冬舎
売り上げランキング: 10
おすすめ度の平均: 4.0
1 科学的な誤りが多いです
5 リサイクル運動もうだめぽ
5 「エコ」を語る前に、現実を知るべし。
5 無駄な環境対策へ警鐘を鳴らす
1 誤りが多く因果関係のないことを結び付けている


タグ : BOOK エコ エコロジー 偽善

Comment



まぁねぇ

(ちょっと口は悪いようですが)いろんな情報サンクスです。
こうやってまた新しい情報が入るのはいいですね。

正直、おっしゃる通り、
「本なんか読んでるから」
「テレビなんか見てるから」
「インターネットなんか見てるから」
騙されるんでしょうね。
# まぁ、私はこれからも本見て、テレビ見て、
# インターネットをするけどもw

ていうか、さらっと「「科学誌」を読めばいい」とは言うけれども、
# いや、確かにその通りなんですが。
んじゃ、どの程度の人が科学誌を読んだ上でエコ活動をしてるんやろうと。

まぁ、記事にも書いてるけど、この本をどこまで間に受けるかは別としても、
それでも、現状、正しいエコがなんなのかってのが何かを知る方法は、
科学誌を読むしか方法はないんでしょうか。。。

(理系&大卒ですが)分別だのエコバックだの、科学誌を読まないと
正解が分からないエコにどこまで工数を割くんだろうと(^^;



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...