カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:NOTE


こんなニュースがありました。

「地デジカ」説明文でウィキペディア盗用、民放連が該当部分削除[2009/05/11 12:48]

ウィキペディアって簡単に使っちゃいけないんですね。
ウィキペディア自体は気軽にWebで見れますが、いわゆる「引用」ですから、
著作権にも絡む話なので、実は法律的に色々制約があるんですね。

上の記事では、ウィキペディアの引用・加筆にあたる必要な手続きが
出来ていなかったという事だったんですが、んでは、
この「必要な手続き」って何!?

・・・って事で調べました。


Don
Photo:Don't believe the Devil, don't beLIEve his book By Celeste

以下、「ウィキペディアの引用方法」を「ウィキペディアを引用」
しながら、説明してみます。
# 素人判断なので、不備・誤りがありましたら、ご指摘ください。

まずは、そもそも一般的に「引用」として認められるには、
以下の要件を満たしている必要があるそうです。

<一般的な引用の要件>

「引用」自体は、著作権の制限規定の一つです(第32条)。 

1. 既に公表されている著作物であること
2. 「公正な慣行」に合致すること
3. 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」であること
4. 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
5. カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
6. 引用を行う「必然性」があること
7. 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

著作権なるほど質問箱」より


さらに、引用文を本文そのままに利用せず、要約する場合は、
以下の条件も必要になります。

要約による引用を行う際は、
◇内容の同一性を損なわないこと
◇引用部分の直後に出典を示し、明瞭区別性を確保すること

「引用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2009年3月9日 (月) 11:45 UTC
URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8#.E8.A6.81.E4.BB.B6


一般的な「引用」についての解釈は以上になります。
その上で、ウィキペディアでは、「ウィキペディアの引用方法」
を記載してくれていました。

ここには考慮すべきいくつかの一般的な原則を記載しています。

* ウィキペディアの記事を引用するにあたって、特定の著者を引用「しないで下さい」。
* 書名については、編纂本の記事を引用するとき同様に、記事のタイトルと「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」の両方を記載して下さい。
* 使用している記事(版)の「更新日時」(時刻も含む)を記載して下さい。更新日時はページ下部に最終更新として示されている日時です。時刻は協定世界時が基準になっています。
* ほとんどの引用スタイルでは、記事の完全な URL が必要でしょう。もしもっと簡潔なスタイルがよいなら、記事の URL は記事のタイトルからわかりますので、状況に応じてウィキペディアの URLと記事名(例: http://ja.wikipedia.org/ 日本語版の記事の場合)だけを記載することもできます。
* 多くの引用スタイルでは、ページを取得した日時も要求されます。しかし、(上述の)更新日時を記載すれば取得日時は不必要ですので、スタイルガイドに反しないならば省略することをお勧めします。
* ウィキペディアの記事をいくつか引用する場合には、各記事を分けて引用して下さい。

「ウィキペディアを引用する」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
2009年4月1日 (水) 12:17 UTC
URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%AD%E3%83%9A%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%92%E5%BC%95%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B

長々と書きましたが、一般的なユーザがウィキペディアを使うための、
「ウィキペディアの"無難な"正しい引用方法」
を以下にまとめてみました。

1.まずは自分の文章(主)!その中に、引用(従)を入れる。(引用のみの文章は×)
2.必要最低限の文章のみをコピペ。(丸ごと貼り付けは×)
3.文章は要約せずそのまま貼り付け。(要約の場合は意味が変わらないよう要注意)
4.引用部分は段落を分ける等で分かりやすく。(Webなら、<BLOCKQUOTE>とか使う)
5.そして必ず、ウィキペディアからの引用である事を記載。
例)これは、ウィキペディア推奨のかたち。
ー引用ー
「"タイトル"」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
"最終日付(更新日付)" UTC
URL: http://ja.wikipedia.org/


「引用」に関しては、ここまで。

では、この「引用」の範囲を外れる場合はどうなるのか。
例えば、上記に書いた「引用の要件」を守らなかった場合、
この場合、「著作権」の問題が発生するようです。
# 今回の「地デジカ」の問題がこれにあたります。

もう、こうなってくるとややこしすぎるので、詳細は以下の、
「2 複製、改変、再配布などの利用をされる方へ」を参照してください。

リンク:Wikipedia:著作権

上記のウィキペディアの条件を守れなかったら、
今回の事件のように「盗用!」という事になるわけですね。

ちなみに、この、「条件を守れなかったら」というのは、
ウィキペディアに関してのみに当てはまる内容であり、
通常の書籍等の場合、「複製・改変・再配布」なんて事すれば、
即刻「盗用!」になる危険がありますので、ご注意を。

ではでは。

タグ : NOTE 引用 Wikipedia

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする


ウィキペディアの引用方法


&nbsp; ウィキペディアの&quot;無難な&quot;正しい引用方法:なんとなしの日記 http://babyp.blog55.fc2.com/blog-entry-412.html...



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...