カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:NOTE


ついに選挙がすぐそこまで近づいてきてますね~。

世間は、各党のマニフェストや、同時期にある24時間テレビの
エセチャリティぶりが話題になってますが、ちょっと話がそれた経済っぽい話。

日本が借金大国だってのは有名ですが、
んじゃ、なんでどこかの国みたいに破綻しないのか。

ってのを不思議に思ったので、調べてみました。

確かに、今、日本政府には数百兆円の借金があり、
その利子は、どんどん増えていってます。
(いくらって書いても、どんどん増え続けているので、
 ばっくり数百兆円って書いてみました)

リアルタイム財政赤字カウンター 9

なぜ破綻しないか。

結論は、この借金の95%くらいが、国民に借りてる借金だから、
日本は破綻しないんだそうです。
つまり、日本の国債はほぼ国内で完結してるわけですね。

外国に借りてるのは、残り5%程度。
むしろアメリカには、めちゃくちゃお金貸してます。
(米国債の4割近くを日本が持ってるらしいです。)


ただ、この米国債、アメリカの許可がないと
換金出来ないという話もあるみたいですが。
ん~力関係をヒシヒシ感じます。

国の破綻っていうのは、国が借りたお金の利子が、
返せなくなって、(国債の利子が払えなくなる。)
誰もお金を貸してくれなくなって(国債が売れない)、
その国のお金の価値がなくなった状態。

でも、日本政府は、借り主の国民に対して、税金というかたちで
徴収できるし、円の価値もある程度コントロール出来るので、
いざとなれば、消費税率ガバッとあげて、借り主の国民から
お金を集めれば、借り主の国民にお金を返せて借金チャラです。
…へんな話ですが。

これが、外国に借りてると国民からお金を集めて、
海外にお金が出ていってしまうので、その国のお金の価値が
なくなってしまう。つまり、国が破綻しちゃう。

実際に破綻すると、企業や個人みたいに破産することも出来ません。
(国が破綻とはいっても、国がなくなるわけでも、国民がいなくなるわけでも
なく、単に紙幣の価値がなくなるだけですから。)
お金の価値がなくなると、どえらいインフレ(物の価値があがる)がおきて、
国民は何も買うことが出来なくなって。。。あ~、恐ろしい。

こんな感じでしょうか。
特にその道のプロってわけでもないので、
認識違いも多々あるかと思いますが。

それにしても、経済って、国って難しい(^^;

ではでは。

タグ : NOTE 破綻 借金

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...