カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:TECH


最近、いろんなところで「クラウド」っていう言葉が聞こえます。
当たり前のように定着してきた感じがしてます。

でも、「クラウド」って何?何をすれば、「クラウド」が出来るの?
って聞いても、なかなか明確な回答をしてくれる人はいません;;
聞く人によって、答える「クラウド」の内容が違うように思える。

仮想化の話が出たり、Key-ValueDBの話だったり、
ASPの違いは?Saasとの違いは?等、やたらと議論される。
つまり、みんなの考える「クラウド」に差がある。

そんな「クラウド」と呼ばれる謎の「雲」について、考えてみる。

というか、最近、仕事で「クラウド」という言葉がやたら先行して
広がっていたので、少し自分の中ではまとめておこうと思って、
文字にしてみました。

なぜ、みんなの考える「クラウド」に差があるのか。
それもそのはず、「クラウド」なんて、その名の通り、
「雲」のようにボヤーーッとした定義しかないんですね。

そのボヤーーッとした「クラウド」の定義って何なのか。

クラウドってのは、

雲のようなネットワークの「向こう側」から、利用者は
その「向こう側」にあるシステムの具体的な構成や実態を
意識にせずにサービスを利用できるという考え方


ここまでを聞いて、「いや、それはまったく違う!」と感じる人は
少ないんではないでしょうか。

ここまでは、大体の人のイメージは合っているんです。
でも、ここまでしか合ってないんです。

んで、コストダウンが出来る等のメリットがいっぱい聞こえてきて、
ベンダーでも、猫も杓子も誰でもかれでも「クラウド」「クラウド」。
「んじゃ、その”クラウド”とやらを利用しましょう!」ってなって、
具体的に「クラウド」なるものの選定に入ったときに、再び、
「クラウド」が何か分からなくなる。

だって、元々の定義が、「雲」みたいなもので、つかみ所がない。
大体、今までインターネットのサービスを使ってて、システムの構成だの
実態だの、意識したことないし。
そもそも、クラウドの定義は、「ASP」でも「Saas」でも実現出来てた
じゃん!なんで今、クラウドって騒いでるの?ってなる。

結局、「クラウド」って言葉は、決まったものは何もなくて、
何を「クラウド」と呼ぶかなんてのは、呼ぶ人次第。
仮想化だって、ロードバランスだって、Key-ValueDBだって、
クラウドを実現するための技術の1つ。

どれを使ってたって、どれを使ってなくたって、
雲のようなネットワークの「向こう側」から、利用者はその「向こう側」にある
システムの具体的な構成や実態を意識にせずにサービスを利用でき
れば、
それは「クラウド」と呼んじゃえる(呼んじゃってる?)んです。

ただ、「クラウド」という言葉が生まれる事になった
原点には、もちろん、新しい技術、というものがあった。

ここは、そんな技術的な観点から見た新しい技術としてのクラウドが理解しやすい。
クラウドを「分散/並列/スケールアウト」の観点から見るとよく分かる、という話

ほんとに、Googleってすごいねぇ。

・GFS(Google File System)(分散ファイルシステム)
・BigTable(key-value型の分散データベース)
・MapReduce(分散・並列処理のアーキテクチャ)

と言った技術を生み出すことで、分散・並列処理システムが
実用化する事で、いわゆる「クラウド」を実現しているわけですね。

でも、別に上の3つを使ったシステムが「クラウド」と呼べる
唯一のものでもないんです。

結局、こんな結論になってしまうのが非常に切ないですが、
「クラウド」ってものをちゃんと説明出来る人なんていないんじゃ
ないでしょうか。何にも決まってないんですから。

なので。

今の「クラウド」という流れ自体は、新たな技術が支えているものもあり、
コストダウンや効率化を考えても、加速していく流れだと思います。

だけど、自分が、もしくは、その組織が、何を「クラウド」と呼ぶのか、
というのをそれぞれの中で、ちゃんと決めて、明確にしておかないと、
「クラウド」という言葉の雲の中で、迷子になってしまう気がします・・・・

さて、自分にとってのクラウドってなんなのか。
「考え方・思想」の話なのか、「技術」の話なのか、
それが決まらないと、ベンダーと「クラウド」の話なんて
出来ない気がする、、、

やっぱり、結論もボヤッとしてる(^^;

個人的には、
「ハードウェアとサービスが関連しないで動いてて」
「WEBサーバ、DBサーバが共に簡単にスケールアウトが出来て」
「同じ仕組みのサーバが並んでいることで、管理・メンテが簡単」
になってれば、「クラウド」って呼んじゃっていいかなぁ。。。

しっかし、名は体を表わす、って感じだなぁ。

ではでは。


(参考)
クラウドに関する「モヤモヤ」を解消する~前編 (1/4)
クラウドに関する「モヤモヤ」を解消する~後編 (1/4)
APS、SaaS、クラウド・・・何が違うんだろうか?
「クラウドコンピューティング」がくだらない理由


Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...