カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:TECH


HTTPヘッダフィールドの1つである、Cache-Control。

このディレクティブとして、「max-age」と「s-maxage」の
2種類があるんですが、違いをメモ。

(主に、サーバからのレスポンス時についての挙動)

「max-age」

キャッシュサーバーが有効性の再確認をせずに、
リソースをキャッシュに保持しておくことができる最大時間。

「s-maxage」

基本的な機能は、max-ageと同じ。ただし、複数ユーザーが
利用できる共有キャッシュサーバーにだけ適用されるという点が異なる。


文字で説明するとこんな感じですが、具体的に何が違うのか。

max-ageは、クライアントのブラウザ等のキャッシュ機能まで有効。
s-maxageは、クライアントのブラウザ等のキャッシュ機能には影響
しないが、サーバとクライアントの間にキャッシュサーバを配置した
場合に、そのキャッシュサーバへは有効。

図にするとこんな感じ。

<max-ageの有効範囲>
ここから<----------------------->ここまで
      サーバ  --  キャッシュサーバ --  クライアント

<s-maxageの有効範囲>
ここから<-------------->ここまで
      サーバ  --  キャッシュサーバ --  クライアント

なので、s-maxageは間に共用キャッシュサーバを配置しない場合は、
あんまり意味のないパラメータですね。

ではでは。

タグ : 覚書 HTTP Cache-Control

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...