カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:NEWS


なんか、オリンピック開会前から服装がどうだ、こうだで
バタバタしてたから、なんとなく思ったところを書いてみる。

この事件。
国母あわや強制送還 謝罪会見やり直しも反省の色ナシ!?

 一方、選手団の公式スーツを着崩したことで物議をかもしているスノーボード・ハーフパイプ男子の国母和宏(21)が異例の謝罪会見を開き、リュージュ男子のグルジア代表選手が公式練習中に死亡する大事故が起こるなど、雪と氷の祭典は波乱の幕開けとなった。

 日の丸のついた公式スーツの着崩しに端を発した五輪代表の品格問題。“保護者”の橋本聖子日本選手団団長(45)は12日、“問題児”の国母を会見場に引っ張り出して2人で改めて謝罪し、12日夜の開会式への出席を取りやめさせると発表した。

要は、服装が乱れてたので、開会式への出席を辞めさせられたってこと。
この「乱れた服装」がなんで"一般世間で"ダメなのか、ってのを少し考えてみた。

ホリエモンさんの見解はこんな感じ。
服装原理主義

服装に関しては原理主義者が多いのね。どうしても許せないって思っちゃうんだろうか。服装なんてどーでもいい派の私としてはなんかこの程度で強制送還なんてあほかいな、って思うのだが原理主義者にはどうしても許せないことらしい。

んで会見で肩肘ついて話したとか言われてまた文句言われてる。もうさ高校球児とかじゃないんだからさ。そんなんで文句言うなよな。ていうかイジメでしょこれって。まあ原理主義者は宗教みたいなもんだからその呪縛から解けない限りは、国母選手みたいなんは絶対「悪」なんだよね。

要は,この世界には1種の宗教のような「服装原理主義者」という人達がいて、
その人達は、服装を非常に重視していてそれ以外を毛嫌いするってことらしい。

で、言葉に弱いので「原理主義」を調べてみた。
原理主義 wikipedia

原理主義(げんりしゅぎ)は、ファンダメンタリズム (Fundamentalism) の訳語であり、保守的キリスト教のキリスト教根本主義を指す語であった。イスラム原理主義の台頭後に派生して、宗教上の原典を絶対視する主張・態度を指す用語としても用いられるようになった。この主義を支持する人物を原理主義者と言う。近年では教条主義と同義の言葉として思想・イデオロギー上の原理を絶対視しているとする思想に対してのレッテルとしても用いられている。

なるほど。本来の意味から派生して、何かに対する絶対的な思想に対して
使われているようです。つまり「服装原理主義」ってのは服装を絶対的に
重視する人たちってことか。

そんな人達が、ゴルフの正装や競馬の馬主席のネクタイ・ジャケット着用
だとかのルールを作っているのではないか,という説。
少し飛躍している気もするけど,少し真実味もあるし、
都市伝説で話しても面白そう☆

少し逸れましたが,個人的には単なる「マナー」の問題ではないかと。
まぁ、わかってることだとは思うけどw

別に日本の公式スーツを着崩してはいけないルールはない。
友達の結婚式にパジャマ姿で出席してはいけないルールはない。
入社試験の面接に迷彩服で来てはいけないルールはない。

ルールではないんだけど、みんなやってる。
ルールではないんだけど、やると非難(?)される。

なんでか。

たぶん、それ以外だとマナー違反になるとみんな思っているから。
マナー違反をすると、周りの気分を害してしまうかもしれないから。

ただ、この「マナー」ってのが曲者で「ルール」みたいに明確に
なってないのも多いから,知らないと知らないままなんですよね(^^;
日本でも「お箸」1つとってもすっごいいろんな扱い方の
マナーがあったりする。

さらに、ドメスティックなものからグローバルなものまで、
地域によっても多種多様、且つ、なんでそんな「マナー」が
あるのかよくわからなかったりするものもある。

そして何より、よく分からない「マナー」と呼ばれるものを自身に
押し付けられるのって結構負担だったりするんですよね;;

個人的には,仕事上スーツを着ていたりしますが,
ネクタイとか,何のために存在しているのかすらわからない。
スープも、多少ズズズッって音を立てた方が美味しそうじゃん!とか思ったりするw
日本じゃ,蕎麦は音を立てて食べた方がよかったりするし。

その上で。

「ルール違反」ではなく「マナー違反」をしてしまった選手に
対しての罰として「開会式への出席を取りやめさせる」という罰は
重い?適当?軽い?

個人的には,単なる「マナー違反」に対しては、
ちょっと「重い」のかなぁ、と思ったりした。
TPOというのも含めて,たぶん場所が悪かったんだろうなぁ。

万が一にも、服装を着崩す事がマナー違反だという事を
知らなかったかもしれないし、若人にそれを伝える意味でも、
むしろ、開会式へキッチリとした服装で出席してもらった方が
よかったんではないかと。

あ~~、でも、マナーってやっぱりメンドくさいもんだなぁ。
形がないから、覆すのも困難。
でも、マナーという良心で社会が成り立っている面もあると
思うからなんともいえないけども。

ただし。

この「着崩し」がちょっとしたお洒落や趣味の話ではなく、
彼のポリシーや思想としての服装なんだとしたら,宗教戦争的な
論争になるのかもしれないですが。

・・・ま、んなわきゃないか。

でも、あるマナーを覆したいと思ったら,
この今までの歴史と戦う論争が必要なのかもしれない。

<参考>
「ルール」と「マナー」の違い

ではでは。

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする


バンクーバーオリンピック 公式スーツ


国母選手があわや強制送還 - 日々の想いを・・・ 『国母は9日に成田空港から出発した際、公式スーツのズボンをズリ下げて「腰パン」と呼ばれるはき方にしYシャツのすそは外に出し、ネクタイもゆるめに垂れ下げていた。 抗議があったことから10日の入村式の出席を自粛



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...