カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:TECH


玄箱proにdebian-lennyを入れようとして失敗。。。から成功まで。

にて、debianインストールには成功しているようなのですが、
なぜかbootに失敗して、tftpbootを繰り返す。なんでかなぁ。

まずはディスクブートからの復帰



tftpbootの繰り返しから復帰するため、まずはフラッシュメモリから
起動するように再度設定をします。

シリアルコンソールでログインして、玄箱を起動すると
色々と表示が始まりますが、uBoot が、<<system_bootend>> を出した
次の Hit any key to stop autoboot:
で何か文字を入力して起動を中断させます。

Marvell>


って表示があるので、以下のコマンドを設定。

setenv bootargs_root root=/dev/mtdblock2 rw panic=5
setenv bootargs $(bootargs_base) $(bootargs_root) $(buffalo_ver)
setenv bootcmd 'nboot $(default_kernel_addr) 0 $(nand_uImage_offset) ;bootm $(default_kernel_addr)'
setenv nand_boot yes
boot


これで、フラッシュ・メモリからの起動に切り替わります。

ちなみに、参考までにフラッシュメモリからディスクブートへ切り替える時は、

setenv bootargs_root 'root=/dev/sda2 rw panic=5'
setenv bootargs $(bootargs_base) $(bootargs_root) $(buffalo_ver)
setenv bootcmd 'ide reset; ext2load ide 0:1 $(default_kernel_addr) /$(kernel); bootm $(default_kernel_addr)'
setenv nand_boot no
boot


で、再起動すれば、フラッシュメモリブートになる。(参考:U-Boot

ディスクを一度、キレイにする


まずは原因調査。インストールしたうまくboot出来ないエラーはここ。

Loading from block device ide device 0, partition 1: Name: hda1
Type: U-Boot File:/uImage.buffalo
Failed to mount ext2 filesystem...
** Bad ext2 partition or disk - ide 0:1 **
Using device ide0, partition 1

Loading from block device ide device 0, partition 1: Name: hda1
Type: U-Boot File:/initrd.buffalo
Failed to mount ext2 filesystem...
** Bad ext2 partition or disk - ide 0:1 **


色々調べたけど原因はわからず。ただ、HDDのパーティションなりデータが
おかしくなっていた場合、正常にインストール出来ない事があるようでした。

というわけで、何度もインストールに失敗したことで、ディスク内データが
おかしくなったことで発生していると思って、クリーニングから開始。

まずは、ディスククリーンから。

dd if=/dev/zero of=/dev/sda bs=1M count=1


ディスククリーン出来たら、玄箱の裏の赤色ボタンで初期化します。

debianを再度インストール


とりあえず、bootイメージを配置用のパーティション作成から。

fdisk /dev/sda
Command (m for help): n
Command action
e extended
p primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 1
First cylinder (1-19457, default 1):press return
Using default value 1
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (1-19457, default 19457):
+256M
w

この後の手順は、インストールは「玄箱proにdebian-lennyを入れようとして失敗。。。から成功まで。」の「4.インストール手順を変更」のとおり。

ただし、パーティション分けの設定にて「/dev/sda1 /boot」をマウントポイントとして、
かつ、初期化しないように設定してインストールをする。

これで正常にインストール完了。

で、普通にboot出来ました!!!

以上。


タグ : TECH 玄箱 debian 覚書

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...