カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:WEB


データが入っているPCやNASが壊れてしまったら、、、

パソコンを使っているあなたへ。

あなたの思い出の写真や大事な資料のデータは
ちゃんとバックアップはとっていますか?
パソコンが壊れてしまったらもう全て失っちゃう
状態になっていませんか?

ちゃんとバックアップしてるぜ!!
という人も、近年、地震や津波等の自然災害が脅威と
なっていますが、自宅のバックアップが台無しになっても
大丈夫でしょうか?

まぁ、リスクは考え過ぎるとどうしようもないのですが、
無料で工夫が出来るなら、、、ということで、
私自身も、NAS(RAID)+USBディスクの2重化対策で
大事なデータは保存していますが、今回は
この環境に加えて、さらに遠隔バックアップの環境を
無料サービスを使って構築してみようと思います。


はじめに


まずは、バックアップ先となる無料の同期サービスに登録しましょう。
タイトルの42GBは、以下の各種サービスで無料で使える容量の合計MAX値です。

では、各サービスと無料で利用出来る容量を紹介。

参考までに、100GB追加時(有料)参考価格を1GB単価で記載しました。
(ちなみに、参考価格は$1 = 80円で円換算してみました)

Dropbox


dropbox_icon.png

無料容量:2GB

ここから登録すると500MBサービスされます

対応OS:Windows、Mac、Linux、モバイル

ポイントは、Linuxで動く点。
Linuxで使えば、仮想NASとして使うことも可能。

参考価格

追加100GB=US$19.99/月またはUS$199.00/年

→1GB単価:159.2円/年

Sugersync


sugarsync_icon.jpg

無料容量:5GB

ここから登録すると500MBサービスされます

対応OS:Windows XP/Vista/7、Mac OS X、モバイル

対応OSは、Linuxは除いてほぼ対応。

参考価格

追加100GB=15,750円/年 or 1,575円/月

→1GB単価:157.5円/年

Skydrive


skydrive_icon.png

無料容量:7GB(25GB)

skydriveは以前から使ってた人なら無料で25GBまで
拡張が出来ました。(今も出来るのかなぁ?)

詳しくはこちら。
【期間限定!】skydriveを使ってたけど放置してる人が今すぐにやっておく事!と使い方。

対応OS:Windows 8/7/Vista、Mac OS X、モバイル

ポイントは、WindowsXPでクライアントソフトが動きません。
ここは微妙!あと、Android向けのアプリは今はない模様。

参考価格

追加100GB=4000円/年

→1GB単価:40円/年(最安値!!

Yahoo!Box


yahoobox_icon.png

無料容量:5GB


対応OS:Windows 7/Vista/XP SP3以降、モバイル

対応しているのはWindowsOSとモバイルのみ。
対応OSとしては少ない。

参考価格

追加50GB=346円/年
※Yahoo!Boxは100GBのサービスがないため、50GBの金額を記載
一瞬、単価が高そうに見えますが、プレミアム会員となれるので、
Yahoo!オークションが利用出来るなどのプラスアルファのメリットあり。

→1GB単価:83.04円/年

Google drive


Google-Drive-Icon.jpg

無料容量:5GB


対応OS:Windows、Mac OS X、モバイル(Android)

iOSは今はまだ無いけど、準備予定のようです。
Google drive はChromeOSでも動くらしい。

参考価格

追加100GB=$4.99 / Month

→1GB単価:47.90円/年

結果


ここまでで、MAX:42GB(MIN:24GB)のリモート環境が準備できました。
紹介だけで長くなったので、今回はここまで。

エクスプローラで見るとこんな感じです。
remote-bk06.png

色々と各サービスを比較しているサイトがありますが、チェックしつつも、
無料なんですから、全部使って自分の保存ディスクとして使います。

42GB程度だとオレのデータバックアップには足りねぇ!!
って人は、もちろん有料プランを使えばいくらでも拡張出来ます。

現時点では、skydriveがGB単価は一番安そうです。
今後も、価格競争や円高/円安で価格変動がある可能性があるので、
いつでも別サービスに移行出来るようにしたいですね。

NASとかで2重にバックアップをしていない人は、
大事なファイルは作成した同期フォルダに保存しておけば、
バックアップ装置として使えますね。

NASとかを使ってた場合については、
ローカルの環境と個別に分割されたリモート環境の
同期について検討/記載してみようと思います。

続きはこちら。

【無料】robocopyやタスクスケジューラを使ってファイル同期サービスへデータをバックアップする

注意点


これらの同期サービスは利用規約に微妙な内容が多いようなので
注意したほうが良いようです。
たとえば、google drive等の場合は、google drive上のデータは
自由に使いまっせ!ってな規約になっているようです。

規約関連の話は調べるといっぱいあるので、
事前にチェックして理解して使いましょう。

参考

『Google Drive』アップしたファイルはGoogleのものに?

タグ : WEB TECH サービス

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...