カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:TECH


iPhone でdocomoを使ってる時の話なので、
興味のない人はスルーしてください(^^;

先日の記事「iPhoneの電波状況を数字で確認する方法」で
書いた内容についての続報。

たまにNTT DOCOMOとJP DOCOMOの2種類の間で切り替わりがあるけど、
もしかして、Fomaエリア(2GHz)とFomaプラスエリア(800MHz)
なのかな??今度、切り替わった時に調べてみよう。


Docomo iPhoneを使ってると、ちょいちょい接続先が
「NTT DOCOMO」と「JP DOCOMO」2種類の間で切り替わります。

その調べた結果を覚書として。

結果としてはタイトルの通り


予想では、FOMAエリアとFOMAプラスエリアの違い/切り替わりで
「NTT DOCOMO」と「JP DOCOMO」で切り替わるのかと思ってました。

が、違ったようです。

以下、JP DOCOMO(左)とNTT DOCOMO(右)に
つながった時の周波数情報がこちら。

IMG_0878 IMG_0984
Photo:IMG_0984 By onetohihi

FOMAエリアとFOMAプラスエリアは周波数帯が違うので、
それぞれで周波数帯が違うのであれば、Downlink Frequencyと
Uplink Frequencyの値が変わるはずなんですが、変わってない。

周波数帯下り上り
2100MHz帯(従来)10562~108389612~9888
900Mhz対(プラチナバンド)2937~30882712~2863


結果としては、「NTT DOCOMO」と「JP DOCOMO」の切り替わりは、
「FOMAエリア」と「FOMAプラスエリア」の切り替わりの違いでは
なさそうです。

どちらにつながっても接続周波数帯は変わらず、どちらも
通常のFOMAエリア(2GHz)の周波数を拾っているようです。

というわけで、何で2種類あって切り替わるのかはやっぱりわかりません;;
DOCOMOの中の人なら知ってるのかなぁ。

参考URL

http://niviuk.free.fr/umts_band.php

タグ : TECH iphone docomo 周波数 FOMA

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...