カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:TECH


前回「大切な思い出の写真のおすすめ保存方法」からの続きです。

Photo:lollipop By:Flóra
Photo:lollipop By Flóra

前回までの環境を作っても、家が地震で被災したら、、
まで考えて対策をしてみます。

専門用語的にはDR(Disaster Recovery)とも言います。

自然災害などで被害を受けたシステムを復旧・修復すること。また、そのための備えとなる機器やシステム、体制のこと。

wikipedia - Disaster Recovery


もしくは、NASの環境を作るとか大変、
でもデータは守りたいって人にも念のための
保障として使えます。

NASの写真をPicasaWebAlbumへバックアップ


だいぶ前の話ですが、Google+とPicasaが連携し始めた頃から、
Picasaのデータ保存容量がほぼ無制限扱いになっています。

Google+のアカウントを取得

もうGoogleアカウント使ってたら飛ばしてください。

Picasaを"ほぼ"無制限で使うにはGoogle+のアカウントが必要です。
というわけで、アカウントを作成しましょう。

新しい Google アカウントを作成

「"ほぼ"無制限」についてはここ参照。

Picasaウェブアルバムは、これまで写真やビデオの容量が1GBまで無料で、特定サイズ以下のファイルは、この無料の容量制限にカウントされていませんでした。Google+ユーザーであれば、2048×2048ピクセル以下の画像、15分以内の動画は同じくカウントされません。Google+ユーザーでない場合、画像サイズは800×800ピクセル以下になります(ビデオのサイズは15分以下で変わらず)。

容量の制限を超えて、これらのサイズ以上の画像をPicasaにアップロードしようとすると、Googleは自動的にリサイズしてしまいます。よって、結局無料の容量は無制限ということになるのです(希望のサイズでのアップロードはできない、もしくは有料ということに)。

Google+との連携でPicasaウェブアルバムの無料容量が無制限に!


無料の保存容量の制限
2048×2048 ピクセル以内の写真や 15 分以内の動画は、無料の保存容量にカウントされません。

無料の保存容量の制限


Picasaをインストール

Picasaのクライアントソフトを使うとPicasaWebAlbumに
写真をアップロードするのがとても簡単です。

Picasa Software

Picasaから写真をアップロード

Picasaをインストールしたら、まずはアップロードしたい管理設定を
「ツール -> フォルダマネージャ」 から思い出の写真を保存した
フォルダを管理対象に設定します。
Photo:2013-04-27 11.05 のイメージ By:onetohihi
Photo:2013-04-27 11.05 のイメージ By onetohihi

そしたら、一括アップロードメニューを選択。
Photo:2013-04-27 10.36 のイメージ By:onetohihi
Photo:2013-04-27 10.36 のイメージ By onetohihi

あとは、アップロードする写真を選択してアップロード!!
今回は単なるバックアップ目的なので、設定は以下にします。
・サイズ:2048x2048(無料の範囲の最大)
・公開設定:自分のみ(誰にも公開しません)
・同期:OFF(パソコンの写真を消してもWebの写真はそのまま)

Photo:2013-04-27 10.44 のイメージ By:onetohihi
Photo:2013-04-27 10.44 のイメージ By onetohihi

ただし、アップロードする対象フォルダが1フォルダ内に1,000点以上の
ファイルがあると制限にひっかかる可能性があります。
加えて、ウェブアルバムの最大数が20,000点。ここも多少注意が必要。
でも、1日1アルバムとしても54年くらいは大丈夫なので、そこまで
シビアじゃないかもしれません。

ウェブ アルバムの最大数: 20,000 点
ウェブ アルバム当たりの写真と動画の最大数: 1,000 点

アカウントへのアップロードの制限



スマホのデータをPicasaへ即時バックアップ


(こちらも、Picasaを使うのでGoogleアカウントは必要です)
デジカメは使わない、スマホでしか写真とらないよ。
って人は、これだけやっとけばOKかも!!

最近のスマホのGoogle+アプリが便利になってます。
撮った写真を勝手にどんどんPicasaにアップロードするように
設定する事が出来ます。

Google+のアプリインストール




インスタントアップロード設定

インストールしたら設定しておく。

設定メニューから。
Photo:2013-04-27 11.23 のイメージ By:onetohihi
Photo:2013-04-27 11.23 のイメージ By onetohihi

インスタントアップロードの設定で。
Photo:2013-04-27 11.24 のイメージ By:onetohihi
Photo:2013-04-27 11.24 のイメージ By onetohihi

ONにします。
Photo:2013-04-27 11.26 のイメージ By:onetohihi
Photo:2013-04-27 11.26 のイメージ By onetohihi

アップロードするタイミングは、
・写真は「WiFi/モバイルネットワーク」
・動画は「WiFi経由のみ」
にしています。
ここは、自分の使い方に合わせて設定しましょう。
ただし、あまり頻度の高い設定にするとバッテリーにも
影響するので、ご注意。

Picasaの写真を閲覧する


これでPicasaに写真を保存出来ましたが、せっかくPicasaに
アップロードしたので、スマホを使っていつでもどこでも見れる
思い出アルバムにしときましょう。

Picasa上のアルバムを見るアプリはGoogle+のアプリでも
閲覧出来ますが、これらのアプリが便利です。
(私は、Best Albumを使ってます)





注意事項


ここまでで、ネットワークの向こうに大事な写真を保存出来ました。
安心、安心、と思いますが、注意点だけ。

このサービスが、いつ終了するか分かりません。

Googleは定期的にサービスをリフレッシュ、終了しちゃいます。
先日もGoogleリーダーが終了するという衝撃的なお知らせが
ありましたが、やっぱり注意が必要です。

アカウントが削除されちゃうと無くなります。

誤ってアカウント削除してしまったりしたら消えます。
削除しても復旧とか出来るはずですが、念のため。

要は、Googleに預けても所詮無料のサービスです。
自宅側にもきっちり保存しておきましょう。

自宅内での安全な保存方法は前回の記事にて。

タグ : 写真 保存 安全 NAS USB Picasa

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...