カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告



最近の記事

カテゴリー

DATE: CATEGORY:TECH


少しWi-Fiが不安定、、、といった時に、
MacOSでは標準でWi-Fiの詳細状況を確認する機能が
付いているので、ご紹介。

Photo:Free Wi-Fi Zone By:superfem
Photo:Free Wi-Fi Zone By superfem

ワイヤレス診断ツールで詳細確認


少し前まで「Wi-Fi診断」という名前だったようなんですが、
現在は、「ワイヤレス診断」という名前に変わっているようです。

起動方法

起動方法は2種類。

方法1
こちらの手順は普通にFinderから起動します。

Finderから、/System/Library/CoreServices/ の下に「ワイヤレス診断」
というアプリケーションがあるのでここから起動出来ます。

方法2
画面右上のWi-Fiのアイコンを「option」を押しながら選択すると、
「ワイヤレス診断」のメニューが現れるので選択・起動出来ます。

Photo:2013-08-05 1.18 のイメージ (2) By:onetohihi
Photo:2013-08-05 1.18 のイメージ (2) By onetohihi


起動した後

起動後、こんな画面が表示されます。

Photo:2013-08-05 1.18 のイメージ (1) By:onetohihi
Photo:2013-08-05 1.18 のイメージ (1) By onetohihi


ここで何もしないで「Command + 2」ボタンを押下。
すると、こんな感じで詳細が確認出来る画面が立ち上がります。

Photo:2013-08-05 1.18 のイメージ By:onetohihi
Photo:2013-08-05 1.18 のイメージ By onetohihi


チェックするポイント

Wi-Fiが不安定だったり遅いときにチェックするポイントです。

まずは、「Wi-Fiスキャン」のメニューで近所のWi-Fiとの
干渉等が発生していないか確認しましょう。

この画面でのポイントは「チャンネル」と「バンド」。
・チャンネルは自分が使っているチャンネル数と同じチャンネルを
 使っているWi-Fiが近くにあると干渉し合います。要注意。
・バンドは、基本2択で「5GHz」か「2.4GHz」です。
 恐らく周りには「2.4GHz」が多いと思うので、自分の無線ルータが
 「5GHz」を使える場合は、そちらを使いましょう。

Photo:2013-08-05 1.17 のイメージ By:onetohihi
Photo:2013-08-05 1.17 のイメージ By onetohihi


続いて「パフォーマンス」。
基本は、以下の画面で「品質」を確認すればOK。
品質は遮蔽物含めたルータとPCとのネットワークの強さや
ノイズを考慮した結果のサマリが書いてあります。

まずは「極めて良好」と書いてあるのでよさそうです。

Photo:2013-08-05 1.17 のイメージ (1) By:onetohihi
Photo:2013-08-05 1.17 のイメージ (1) By onetohihi



コマンド利用で詳細確認


コマンドでも確認が出来ます。ただ、結果としては、
Wi-Fi診断ツールの方が詳しい情報が分かるようです。

コマンドによる確認は、以前の記事があったので、
リンクを張っておきます。

MacだとWiFi(無線LAN)の強度や干渉状況を調べるのが超絶簡単だった。:なんとなしの日記MacだとWiFi(無線LAN)の強度や干渉状況を調べるのが超絶簡単だった。:なんとなしの日記hatena
自宅のWiFi(無線LAN)の調子が良くなかったので、チャンネル数とか干渉状況や受信強度を調べようと思ったら、Macだとめちゃくちゃ簡単に調べられた。結果として、特に...


タグ : TECH Mac WiFi 確認 ワイヤレス 診断

Comment

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...