カレンダー

12 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告



最近の記事

カテゴリー

スポンサーサイト

DATE: CATEGORY:NOTE
最近は、アナログからデジタルへの放送の切り替わりが進んでます。
その中で,いわゆるコンテンツのコピーがオリジナルに比べ劣化なしに
出来るようになってきたわけ。

昔(?)っちゃあれやけど、アナログ時代は,私的なコピーはOK。
ただし、商用のコピーはNGだったんですよね。
# CDをカセットテープにコピーして自分で聞くのはいいけど、
# そのカセットテープを売るなよ!ってことですな。

でも、私的にしてもあんまりにも激しくなってきた訳ですよ。
レンタルCDをコピーするから、本来のCDの売上げが落ちる~みたいな。
そんなわけで、出てきた制度が、「私的録音録画補償金」。

デジタルに関しては,権利者のために私的コピーであっても、
補償金を頂きます!って制度です。
# 実際には、機器の価格に上乗せてあるので、消費者は
# あまり意識することはないですが。。。

詳細は、こちら(私的録音録画補償金制度)。

そして、それとは別の流れの中で,海賊版みたいなのが
いっぱい出てきてる訳ですよ。ご存じの通りw

それを技術的に解決しようとしたのがDRMって技術。
方式は色々あるんですが、要は複製を制御・制限する技術の総称です。

その技術を使った1つが「コピーワンス」。
最近の地デジ対応のDVDレコーダを使った人ならわかると思うけど、
HDDに録画して,DVDに焼きなおすと、HDDにあったオリジナルは
なくなるんです。そう、コピーは1回(ワンス)だけなんです。
# ムーブしか出来ない。とも言ったりする。

これ、このコピーワンスの機能が使われてる機器には
「私的録音録画補償金」は適用されていないんです。
そりゃそうですね、複製は出来ないんですから。

でも、このコピーワンス、利用者にしたら使い勝手が悪い!
「DVDレコーダでも見て,ipodでも見る」みたいな事が出来ないわけです。

そこで、出てきたのが「ダビング10」。
いままで、「ムーブ1回」だったコピーワンスの拡張版で,
「コピー9回、最後はムーブ(1回)」というやつです。
# ちなみに、孫コピーは出来ません;;

このダビング10自体が本当に便利なのかはさておき、
こうなってくると、「私的録音録画補償金」って制度が
顔を出してくる訳だ。

で、それぞれの言い分。
権利者団体(JASRAC等)
「そんなもん、全部の機器(HDDやらBDやらDVD)に適用じゃー!」
JEITA(電子情報技術産業協会)
「DRMっつう技術で基本的に制限かけとるんやから、対象外じゃー!」

そもそも別の流れの中で出来上がった制度と技術が
ひょんな事からぶつかりあっちゃった!って感じですね。

# 個人的にはJEITA側の意見にさんせーい☆

そんな感じで、6月に予定してた「ダビング10」が延期になったわけだ。
折衷案として、ほんじゃ、BDには課金しましょ。ってことで一旦、合意。
7月4日の適用にこぎつけたわけ。

# 間違ってたら指摘ください(^^;

とはゆうものの、この会議には利用者の声はいっさいないわけね;;
よくよくアンケートとってみると、
「ダビング10にして、私的録音録画補償金適用で機器の値段が
 あがるくらいなら、コピーワンスのままでいい」
みたいな声もあったりw

まぁ、微妙なところですなぁ。

ではでは。

タグ : NOTE TECH ダビング 著作権 NEWS

DATE: CATEGORY:NOTE
~宋文洲~
中国出身の方で、ソフトブレーンの創業者
ここが変だよ日本の管理職』『やっぱり変だよ日本の営業』などの著書でおなじみ

結構辛口だけども、マトを得たコメントが好きです。
RSSで見かけたら読んでるんですが、この際、ちょっとまとめてみました。
ん~・・・やっぱ、いろんなところでコラム書いてるんですねぇ☆

いわゆる「働く日本人」の考え方をコロンとひっくり返してくれます。
このコメントを辛口だと感じるか、当たり前だと感じるかで、
「日本のサラリーマン」に染まってしまっているかが実感できる感じ。

働き出して、5年、もう既に染まり始めてしまっていることを実感ww

【日経ネット IT-PLUS】宋文洲の単刀直入

【経革広場/経営を知る】宋文洲コラム「ちょっと違うよ、社長!」

【日経ビジネスオンライン】宋文洲の傍目八目

宋文洲のメルマガの「読者広場」

刺激を受ける考え方には、ちょいちょい触れていたいもんです♪

ではでは。

タグ : NOTE 宋文洲 コラム

DATE: CATEGORY:NOTE
ちょっといい話を以下のブログで見つけたのでご紹介。

小さな幸せを記録するデバイス

1分間のショートムービーの中のメッセージ。

The Years Are Short


「今」という時間の見方がちょっと変わります。

まったく同じ人生を生きてても、感じ方次第で、充実するのか
しないのかが大きく変わる。

こういう小さな「気づき」が生活を豊かにするんじゃなかろうか。

日本語訳は以下。



昔、とはいってもそんなに前のことではない頃、
私の娘は小さすぎて学校まで歩けなかった
だから私たちは市バスを使っていた

毎朝、私は歩道をバス停まで彼女を手を引いて歩き、
毎朝、私はじれったい思いで3番街を眺めていた
その間、彼女は薬局の窓の向こうの宝物に心を奪われていた

私は別にバスに乗るのが嫌いというわけではなかったけれども、
休みの日はご褒美のように感じていた

私は安堵とともに、「ああ、今日はバスの送り迎えがない」と
思ったものだった。

そしてある朝。

「みてお母さん!みて!犬だよ!」
どうってことのない普通の散歩中の犬を指差して彼女が歓声を上げた。

その瞬間、私の目が開いた。

これこそが親であることなのだ。
これこそが我が子の大切な子供時代、
これこそが人生そのものなんだと。

いつかー、そう遠くない未来、私たちは一緒にバスに乗ることはなくなる。
そして私はそんな大切な時間を愚痴っぽく浪費しているのだった。

それからというもの、毎朝、私はこう考えるようになった。
「ありがとう、今日もバスに乗れる」

私の小さな子はもう大きくなって、私たちは学校までの
10ブロックを歩くようになった。彼女はまだ私の手を
つないでいるけれども、それだって、そのうち終わること
を私は知っている。

「バスに乗って学校に行っていた頃を覚えている?」
私は時折聞いてみる。

「覚えているわ」彼女はそう答える。
「バス乗るの、好きだった」
「私もよ」私はそう答えるのでした。

一日一日は長い、でも年月は短い




ではでは。

タグ : NOTE いい話 ムービー

DATE: CATEGORY:NOTE
私は、めちゃくちゃ朝が弱いんですが、ちょっと
面白い記事を見つけたのでご紹介。

無意識の力で早起きをするテクニック

要は、早起きをする事を習慣にして、起きることを体に
覚えこませる事が大切ってことなんでしょう。

つまりは、遅起きもそれが習慣になって、起きないことを
体が覚えてしまってるのかもしれませんね(^^;

それが今の私の体ということか・・・

DATE: CATEGORY:NOTE
お酒を飲むと、すぐ顔が赤くなるんです。
そんな自分を脱却したく、お酒に強くなる方法
について調べてみた。

「どうすれば酒に強くなれるのか。」

要は、アルコールを分解する力をどうすればつけれるか
って事なので、アルコールが体内で分解されるまでを調べてみる。

アルコールは、体内に入ると、おもに十二指腸・小腸で吸収され、
血液中に入ります。で、その後、肝臓にて分解されるってな流れです。

で、分解の流れについて。

アルコールが分解されるまでの流れは以下の2段階。

1.
「アルコール」はまず、ADH(アルコール脱水素)という成分で
「アセトアルデヒド」という成分に分解されます。

2.
次に、「アセトアルデヒド」はALDH1、ALDH2
(アセトアルデヒド脱水素酵素)
によって酢酸に分解されます。
酢酸になってしまえば、体には無害な成分になるわけです。
# アルコールの分解時には主にALDH2が行うようです。


で、一般的に言われる「お酒に強いか弱いか」というのは
「ALDH1、ALDH2」に活性かあるかないかという所で
決まるようです。

なぜなら、この「アセトアルデヒド」ってな物質に毒性があり、
顔面紅潮、吐き気、頭痛を起こす原因だからです。

白人には多いけど、日本人には少ない酵素ってのがこの
「ALDH1、ALDH2」なわけです。

つまり、お酒に強くなるには「ALDH、ALDH2」を活性
させれば良いってことか!!
・・・と思ったのですが、実はこの分解酵素、先天性で決まっていて、
どうしようもないんです(^^;

で、ここで登場するのが、
MEOS(ミクロゾームエタノール酸化酵素)
という酵素!

実はこの酵素もアセトアルデヒドを分解する事が出来るんです。

いわゆる良く聞く、「飲めば強くなる!」ってな言葉の原因と
なった酵素ではないだろうか!?

MEOSは鍛えるとその力が強くなっていくので、
飲めない人が飲んでれば飲めるようになることもあるようです。
ただし、注意点は、飲むのをやめると(数週間程度)すぐに
元に戻ってしまうようなんです。

つまり、弱い人がお酒に強くなるには。


「飲め!」

「そして飲み続けろ!!」

・・・・アル中になれってことか・・・(^^;

ただし!

MEOSは使えば使うほど、肝障害を起こしやすくなるようです。
そのため、アル中の後には、肝障害が待ってる可能性も・・・

酒豪までの道のりは、なかなか遠そうです。

ちなみに。

上記で書いた、ADHとALDH1、ALDH2の活性具合で
どんな酔い方をするのかが分かりますw

1.ADHの活性が強く、ALDHの活性も強い場合。

アルコールをすぐに代謝させるため、酔わずに飲めます。
酒豪と呼ばれる人達はここの部類なんでしょうね。

2.ADHの活性が弱く、ALDHの活性が強い場合。

アルコールはなかなか分解されないため、ほろ酔い気分が続き、
アセトアルデヒドになるとすぐに酢酸に分解するため、ずっと
気持ちよく飲めちゃうタイプです。
ただし、飲みすぎちゃうタイプとも言えます。

3.ADHの活性が強く、ALDHの活性が弱い場合。

アルコールがすぐにアセトアルデヒドに分解されるが、
アセトアルデヒドは体内に蓄積します。
そのため、酔えずに不快といういわゆる飲めないタイプです。

4.ADHの活性が弱く、ALDHの活性も弱い場合。

アルコールが分解されず、ほろ酔いで飲みすぎてしまいます。
にもかかわらず、アセトアルデヒドも分解されないため、
アルコールの分解後、不快感が続きます。
飲みすぎちゃって、二日酔いになっちゃうタイプです。
一番、肝臓を壊しやすいのもこのタイプのようです。

なんか、いろいろ調べた挙句、ほどほどに飲めば良いかと
感じた今日この頃ですw

ではでは。


copyright © なんとなしの日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...